危険

キャットフードの保存方法

それからキャットフードが乾燥してしまうと、酸化して美味しくなくなってしまいますので、愛猫にはいつも新鮮な状態で食べさせてあげられるようにしてあげたいものですね。
それからキャットフードを買ったときに、はさみで袋の口を切ると思いますが袋の口をあけたら、すぐにキャットフードが酸化しないように口を閉じましょう。
よく100円ショップなどで、袋の口に付けるキャップが売っていますのでそういったものを利用してちゃんと保存するのもいいでしょう。

飼い主の管理がきちんとしていなくて、酸化したキャットフードを食べ続けた猫は病気になったり、キャットフードが美味しくないので、なかなか食べない猫も多いようです。
それなのに飼い主は猫のわがままだと勘違いをしたまま、酸化したキャットフードを与え続けていたら猫は口がきけないので、我慢して食べるしかありません。
こうなったらとても可哀想ですし、飼い主の管理がしっかりしていないのとキャットフードの知識がないのとで猫が気の毒です。

そうならないように自分の愛猫はいつまでも、健康で長生きしてくれるようにキャットフードの管理もしっかり心がけましょう。
このようにキャットフードの保存は猫の健康に大きく関わってきますから気をつけてあげるようにしましょう。
おすすめできる安心安全なキャットフードを紹介しているこちらのサイトも参考にご覧ください。