危険

キャットフードの添加物

人間が食べるものにも危険なものはありますが、猫のキャットフードにもなんだかよくわからないような添加物が入っていたりして、そういったものは猫が食べても嫌がります。
ですから飼い主自身が普段から気をつけて、安易に安い中国のキャットフードなどは毒としか言いようがありませんから、絶対にあげないようにしましょう。
中国産のキャットフードには着色料が強く、猫が吐いてしまうくらい強い薬品が入ったものもありますので食べさせる時には気を付けてあげましょう。
できれば国内産の無添加のキャットフードを与えてあげましょう。

人間も猫もそうなのですが、あまり医薬品入ってるものを食べるとぐらいで悪くなってしまい吐いたりしてしまうのです。
身体に合うか合わないなんて猫にはわからないので飼い主が外で変なキャットフードを食べたりしないようにしてあげましょう。
ですから飼い主がキャットフードを買う時は、猫の体にいいものかどうかをきちんと調べて確認した上で食べさせてあげるようにしてください。
危険なキャットフードを与え続けると危険ということが分かりますね。

それから海外のキャットフードはネットで安く買えるかもしれませんが、何が入ってるか分からないので、やはりペットフードは日本産のものを食べさせてあげるようにしたほうがいいでしょう。
このようにキャットフードは、猫が毎日食べるご飯ですから、愛猫が安心して食べられるものを与えたいものですね。
市販のものが嫌なのであれば手作りキャットフードという手もあります。
100%オーガニックの原材料で作られたキャットフードも参考にご覧ください。