危険

キャットフードの注意点

猫の身体の健康とバランスを考えてあげるのなら、何がキャットフードに入っているかをしっかり確認する必要があります。
それからいくら可愛い猫がねだったとしても、キャットフードの袋の表紙に描かれているいちにちに与える量決まった量を、超えて与える事は絶対に禁物です。
それからドライフードを食べさせてあげる時は、必ず新鮮な水をたっぷりと用意して猫が飲めるようにしてあげるようにしましょう。

水にもほこりやゴミが入りますのでマメに取り替えてあげるようにしていつも新鮮な水が飲めるように用意してあげるように習慣つけてやり猫はたっぷりの水を飲みますからドライフードの時には必ず用意してあげましょう。
それからこれはよくやりがちなことなのですが、猫がキャットフードを全部食べ切らずに残すことがありますが、ドライフードの場合には猫が食べ残した時点ですぐに袋に入れて酸化しないようにしましょう。

それから猫はとてもきれい好きな動物ですから、毛づくろいをしたときにけども飲み込んでしまう猫が多いです。
この毛玉は猫の胃袋で消化しませんので、食物線がたくさん入ってるキャットフードなら猫が毛玉を便と一緒に排出できますから、毛玉サポートキャットフードを上げるようにしましょう。
他にも便秘改善用キャットフードなど様々な猫の症状に合わせたキャットフードが 多く販売されています。
毛並みが良くなる成分配合のキャットフードについても興味深いです。