危険

キャットフードの賞味期限について

賞味期限内というのは、猫の食事だけにとどまらず食事でも同じようなことがいえますが、おいしく食べられる期間内というものです。
ですからそれを過ぎてしまうと、あまり体にはよくないものですから出来る限り愛猫のためを思って賞味期限内に食べさせてあげるようにしましょう。
賞味期限というものは、を過ぎてしまっても食べられないものでは無いですが、あらかじめ決められた期限というものです。

あまりにも賞味期限を過ぎてしまったものや、古いキャットフードは自分の愛猫には食べさせないようにしてあげて下さい。
そして猫はとてもデリケートな動物ですから、飼い猫の健康を願うならいつも新鮮で質の良いキャットフードを食べさせてあげたいものですね。 
それから猫はとてもきれい好きな動物なので、よく毛つくろいをしますがその時に毛をよく飲み込んでしまいます。

ですからキャットフードを買う時は、毛玉サポートが入っているものを選んで買うようにして猫が安心して食べられるように消費期限内に食べさせてあげるようにしたいものですね。
このように猫のキャットフードにも賞味期限がありますので猫だからといってずさんな食事の与え方はしないように気をつけてあげるようにしましょう。
キャットフードは総合栄養食ですので、納得のいくものを与ええあげましょう。